アロマディヒューザー

 つい2週間ほど前でしょうか…多分ロッキンで浮き足立ってた時期に、あまりの暑さに自宅の部屋の窓全開にしてたら、その辺に置いといたアロマディヒューザーが、風で浮いたカーテンに巻き込まれ、落っこって割れました…アロマディヒューザーというのは、意図的にエッセンシャルオイル(アロマオイル)の微粒子を霧と共に、拡散させる器具で、アロマポットのように上皿の水が切れないように注意したりするのがめんどくせえって人に...

盲導犬オスカー君

昨日のニュースで知ったのですが。さいたま市の全盲の男性(61)が飼う盲導犬が7月下旬、鋭利なもので刺されたとみられるけがをしていた。日々の暮らしの中で、むやみにほえないよう訓練されており、その場で鳴くのは我慢したようだという。埼玉県警は、何者かが意図的に虐待した器物損壊事件とみて調べている。武南署などによると、男性は7月28日午前11時ごろ、オスのラブラドルレトリバー「オスカー」(8歳)を伴い、通...

モンフォーコンの鼠

モンフォーコンの鼠(2014/05/23)鹿島 茂商品詳細を見るあらすじ1831年、七月王政下のパリ。小説家バルザックのもとにカストリ侯爵夫人からファンレターが届く。同じ頃「危険思想」の集団サン・シモン主義者たちの捜査を進める警視総監代行アンリ・ジスケは公衆衛生学者パラン・デュ・シャトレにパリ郊外モンフォーコンの廃馬処理場で出会い、パリの食糧問題と衛生問題について滔々と語られる。モンフォーコンでは廃馬の内臓を餌に...

東京食種 13

東京喰種トーキョーグール 13 (ヤングジャンプコミックス)(2014/08/20)石田 スイ商品詳細を見る本日発売でしたので、買ってきました話の内容的には、食種捜査官である什造が、幼少時「ビッグマダム」という食種に飼われていた過去や、その後「あんていく」を総攻撃する際、参戦する捜査官は「遺書」を書き、人によっては白紙、「死にたくない」と書くものなどそれぞれ…そんな中、「あんていく」側である店長と「魔猿」と「黒狗」は...

インザミソスープ

イン ザ・ミソスープ (幻冬舎文庫)(1998/08)村上 龍商品詳細を見るあらすじケンジは20歳という若さながら、歌舞伎町で外国人相手に、風俗のガイドという仕事をしている。日本の風俗のシステムを紹介し、いい店に連れて行くというこの商売はいいカネになるのだ。 もう、その年も後3日で終わろうとするころ、フランクというアメリカ人から3日間のガイドの依頼を受ける。一見すると普通のアメリカ人だが、ふとした瞬間に見せる表情や...

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の旅

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年(2013/04/12)村上 春樹商品詳細を見るあらすじ大学2年生の7月から、翌年の1月にかけて、多崎つくるはほとんど死ぬことだけを考えていた。大学卒業後は鉄道会社に就職し、現在、二つ年上の38歳の女性・木元沙羅と交際中である。沙羅は「もしあなたが私とこれからも真剣におつきあいをするなら、正体のわからない何かに間に入ってほしくない」と言い、隔たりを感じるのは、つくるが高校時代...

腕時計コレクション

ヴィヴィアンの腕時計を断腸の思いで(?)購入したら、今家にある我が子達の顔が見たくなり、色々出してみました。そうです自慢じゃないけど、私こんなん持ってんだぜーという完全な自慢ですwwwwwwwつーか、腕時計はやっぱ人生であり、相棒なわけですから(どこのポエマーだ)これからの人生のお供に何を買おう?と思ってる方は参考にでもしてくださいwwなるかな?wwエルメスのHウォッチ購入金額は確か12万ぐらい?就職して初...

ヴィヴィアン・ウエストウッドの腕時計

いきなりですが、ヴィヴィアンの腕時計を衝動買いしてしまいました。「MAN-CAGE」と呼ばれるシリーズ。メンズウオッチながら女性に人気があるので、すぐ品切れになってしまうようです。蓋をスライドさせて開けるタイプのウオッチ。超カッケエ(頭悪そうwww)レディースだとこのタイプが無かったし、大きいフェイスが今の好みなので、やってしまいましたwwwお値段6万3千円…決して安くはありませんねwwwwwこれでヴィヴィアンの時計...

ロマン

ロマン〈1〉 (文学の冒険)(1998/04)ウラジーミル ソローキン商品詳細を見るあらすじ 物語の舞台は19世紀末のロシア。32歳の若い弁護士ロマン・アレクセーヴィチが3年ぶりで故郷の村クルトイ・ヤールに戻ってくる。ロマンはブロンドの髪をした長身の美男子。幼くして父母と死別し、刻苦して弁護士となったが、1年余り前にその職を離れ、画家として一人だちしようと決心する。今回の旅は、伯父や伯母の住む村で、ゆっくり絵に励も...

他人事

他人事 (集英社文庫)(2010/08/20)平山 夢明商品詳細を見るあらすじ交通事故に遭った男女を襲う“無関心”という恐怖を描く表題作、引きこもりの果てに家庭内暴力に走った息子の殺害を企てる夫婦の絶望(『倅解体』)。孤独に暮らす女性にふりかかる理不尽な災禍(『仔猫と天然ガス』)。定年を迎えたその日、同僚たちに手のひら返しの仕打ちを受ける男のおののき(『定年忌』)ほか、理解不能な他人たちに囲まれているという日常的不安が生...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。