愛と悲しみのファンド



今日は投資信託について語りたいと思います。

投資信託というのは、株やFXと違い、元本割れしないため、そこまでリスクはなく、株のようにものすごく稼げるわけではないですが(人によってはものすごく稼いでいるようですがww)上手に活用することで、定期預金よりも有利で、株よりもラクチン、外貨よりも安定した収益を期待できると思っています。

というのも、とうとう私、今まで約10年以上も入ってた「DIAMワールド・リート・インカム」を解約し、別の商品に乗り換えましたwww
分かる人には分かると思いますが、「えっ!まだワールドインカムやってたの!?」と驚かれるほど、今や下の下な商品なのですが、10年前は毎月1万~2万ぐらいの分配金&半年にいっぺん10万ぐらいのナスボーなどといったお楽しみがあったのですが、今やとうとうナスボーもなく、分配金3千円といったしょっぱい利益のみ…
しかも元本割れはないものの最終的に40万ほどの赤字…
過去の栄光にすがりつき、今の今まで解約しなかったのですが、もう無理だと、思いきって解約しました。

そこで、何に入るかかなり調べ、決めました。

「フィデリティ・US・ハイ・イールド」です。

この商品はアメリカの企業の景況でかなり変動が激しいのですが、債権発行企業で、格付けがBとなっている企業でもフルーツで有名な「Doll」や「GAP」など、不渡りなど出さなそうな有名企業ばかりであり、今の世の中の傾向として、円高にも強いこと、そしてモーニングスターにおいても好評価だったこともあり、これに決めました。

ちなみに「モーニングスター」というのは投資信託や株などを評価したりする企業なんですが、個人投資家は大体これを頼りに投資してると思われますので、気になった方はぜひ参考にしてみてください。

そして、モーニングスターレーティングというのは、過去3年間のファンドのリスク調整後パフォーマンスが、大分類内のファンド群の中で相対的にどのランクに位置するかを黒い星印で示したものです。1つ星から5つ星まで5段階のランクがあり、星の数が多いほど過去の成績が良かったことを示しています。

そのへんを踏まえた結果として自分としては★4つで、安定した実績を持つ「フィデリティ・USハイ・イールドF」にしたわけです。

で、リートインカムを解約してから私、毎日円の動きを見てましたが、100円台切らないんですよねーーー
このファンド、100円台を切った85~75円台に入るのが理想的で、そのあと100円以上が安定すればホントにいい銘柄なんです。が。

一向に100円台切らねえじゃねえか…

入ったあとに切られちゃうと困るんですがwwwwww
入る時はせめて95円台に…などと思ってましたが、(輸入系のお仕事の皆さんスイマセンww)
どうやら100円台は切らないという取り決めがなされたようで、それならば仕方ないということでせめて101、4か5円で手を打った(?)わけですwwwww
ちなみにNISAで入りましたwww今は入りたい時にネットで入れて便利ですよねーーーーー

ただ、前回の教訓も兼ねて、1つのファンドに頼るのは危険なので、もう少し余裕のあるお金が出来たら、また別のものに入ろうかなと考えています。

ちなみに、これから投信してみようと考えてる方には、これは私個人の考え方によって決めたものなので、「ふーん、リスク少なくて儲かるのか~」などと鵜呑みにしないで、自分である程度勉強してからをおすすめいたしますwwww

ホント、人が薦めたやつで損すると頭くるからねwwwwwwww



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。