300




映画というより、こないだBSでやってた映画を録画したものを家で観ただけなんですがねwwww

本日?続編が公開されるというタイアップ効果か、TVでやるというので待ってましたとばかりに録画しましたwww

「300(スリーハンドレッド)」

史実における、ペルシア軍のギリシア侵攻の中で起きた「テルモピュライの戦い」を描いた作品らしいのですが、いやーーすごいですね!!!!
実際では300対100万ではなく、7000対6万だったようですが、それでもすごいよ…桁が違うもん…
しかし狭い断崖絶壁の道を塞いで陣を張って戦うという地の利を活かしたあたりは、しっかり史実に基づいて描かれてました

筋肉ムッキムキのスパルタ兵が、ペルシア軍の兵士を戦国無双状態でバッタバッタ倒していく×300…
とにかく一人一人のスパルタ兵にスポットをあてて、スパルタ兵すべてが一騎当千状態であることを強調する演出がすばらしい…もうこんなに数ではかなわないはずなのに、一対一ではまるで相手になりませんww
レオニダス王役のジェラルド・バトラーがもうカッコよすぎる!
こういうの観ると、「あ~スパルタ兵みたいな腹筋バッキバキで顔の濃い~い男と結婚してえ」とか思いましたねwww(こないだは「海猿」観て「海上自衛官と結婚してえ」とか言っていた私…)

個人的に将軍の息子ちゃん、イケメンだったのに、いきなり首すっぱりやられちゃったのが将軍なみにショック…
映画ですがペルシアめ…と本気で思ってしまったwww

史実と言いながら、勇猛果敢なスパルタ兵にあれやこれやと妙な軍団出してきたり、クセルクセス王のホモ臭いナリがなんだか完全に脚色してる感じではあるものの、そういうのはあまり気になりませんでしたね

そしてレオニダス王の妻である王妃ゴルゴーの、いけすかない評議会の男セロンの裏切り発言にキレて、ブッさしたところも個人的に大好きですww
スパルタは女も強いww

最後結局スパルタ兵300人は全滅しましたが、一人だけ片目を失った兵士がおり、彼はスパルタに帰り、スパルタの勇猛さを忘れさせないため最終決戦前に帰されました。
それがテミストクレスであり、続編「300~帝国の進撃~」で、主人公としてスパルタ兵を率いて戦うようです。
いや~観てよかったwww続編観に行きたくなってしまいました!

ちなみにこれがカッコイイ戦闘シーン↓



ついでに帝国の進撃のPVも貼り付けときますwwww








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。