十三の黒い椅子



十三の黒い椅子 (Mephisto Club)十三の黒い椅子 (Mephisto Club)
(2001/12)
倉阪 鬼一郎

商品詳細を見る


なんとなくジャケ借りのような感じで図書館で借りてきました。
「倉坂鬼一郎」の小説を借りてきたはずなのに、本を開くと十二人の作者によるホラーアンソロジー集になっていたので、「?」と思いつつもとりあえず読み進めていったわけですが、作者全員名前も聞いたことない作家な上、要所要所に編集者の日記や、「サザンクロス掲示板」といったような、メールでのやり取りやらがのせてあり、各作家の話とリンクして一人一人作家が死に至っていく様で、「えっこの本、やばくない?作家が次々死んじゃってるよ!」などと思ってたら、それこそがこの「小説」の狙いだったようですねwwww


劇中劇というような感じが、読み進めていくうちに分かるのですが、この「アンソロジー集」自体が架空の話で、編集者に作品を提供した作家が次々に死んでいき、話の不気味さと相まって徐々に謎は深まるばかり…というような話の展開。
面白い読ませ方だなと感心しました。
ただ、話が進むにつれ、どんでん返し的なものがちょっと腑に落ちなさを感じました。
これまで緻密に計算されていたものが、陳腐になってしまったような…
ちょっと全体の世界観を理解するまでに時間はかかりますが、なかなか面白い部類のミステリーだとは思います。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。