盲導犬オスカー君


昨日のニュースで知ったのですが。

さいたま市の全盲の男性(61)が飼う盲導犬が7月下旬、鋭利なもので刺されたとみられるけがをしていた。日々の暮らしの中で、むやみにほえないよう訓練されており、その場で鳴くのは我慢したようだという。埼玉県警は、何者かが意図的に虐待した器物損壊事件とみて調べている。
武南署などによると、男性は7月28日午前11時ごろ、オスのラブラドルレトリバー「オスカー」(8歳)を伴い、通勤のために自宅を出た。最寄りのJR浦和駅から電車に乗り、同県川口市の東川口駅で下車。職場に着くと、同僚がオスカーの出血に気づいた。公共の場で抜け毛を散らさないよう着せていたシャツをめくると、右腰の辺りに、フォークなど先のとがったもので刺されたような、深さ約1~2センチの傷が3、4カ所あった。シャツは破れておらず、犯人がシャツをめくって刺したか、シャツがその時だけめくれていたのかは不明という。
 治療した獣医師は「日常生活では起こり得ず、よほどの力が加わらないとできない傷だ」と話す。
 職場近くのコンビニ店の防犯カメラに、男性と血を流して歩くオスカーが映っていたとされ、署は駅のエスカレーターや電車内などオスカーが止まっている場所で、背後から刺された可能性があるとみている。
 けがは順調に回復しているが、男性は取材に「オスカーは私の体の一部。私を刺すのと同じことで許せない。また狙われるかと思うと外出が怖い」、オスカーを訓練したアイメイト協会(東京都練馬区)の塩屋未来(みき)さん(35)も「こんなことは初めて。視覚障害者の方の命を危険にさらす卑劣な行為」と話している。


こんなワンコがアンタ、鋭利な刃物で、しかも何箇所も刺されて、悲鳴すら上げずに我慢してたなんて…
器物損壊とかてめえふざけてんじゃねえぞ!犯人野郎に言ってんだよ!
ガキじゃねえんだから、声も出せない弱い者刺して喜んでんじゃねえクソ野郎!てめえの自己満足の道具にされてたまっか豚が!お前の脳髄かち割られてえのか!

と、激しく思いました。
40歳にして口汚いですが、本当は放送禁止用語連発してましたのでかなり抑え目な発言にしてありますよ。
あんまり危険な事書くとブログすら削除されちゃいますからね。

不幸中の幸いは、オスカー君の傷が手術するほどではなかったことと、後遺症が残る傷でもなかったこと、心の傷も今のところ大丈夫であること。これはほんとによかったですね

しかし、こういう卑劣極まりない豚をさらし首にせんとと思い、ブログに書きました。ので、共感してもらって、こういう手合いがいることをワールドワイドに知ってもらい、現行犯がいたら即座にみなさんでクビり殺しましょう!(マジで)

うちにもかわいいのがいますからね…
あのかわいいのが、こんなことになったら基地外状態でもう犯人を血眼になって探し出し、申し訳ないですが爪を一つずつペンチで剥がして歯を一本一本折り、目を潰してからあと色々こんなところでは言えないようなことを行ってから殺そうと思っていますよ。(マジ)考えるだけで涙が出ます…
器物損壊とかいう時点で、動物を愛する人間にとって「はぁ!?」ってな感じだと思うんですよね。犬は大事な家族の一員ですから。
立派な殺人未遂だろうが!!!!!!!!

こういうくだらない法律こそ即座に変えるべきだと思うんです。
オスカー君のことがきっかけで、盲導犬に対しての心無い行いが少しでも減ることを切に願います。
そしてこういう事件が起きるとなぜか同じようなことをする奴が増えるらしいですね。てめえの存在意義をアピールでもしているつもりでしょうか…
模倣犯とか舐めたことやろうとしてる奴はお前が死ねと切に思います。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。