鬼談百景


鬼談百景 (幽BOOKS)鬼談百景 (幽BOOKS)
(2012/07/20)
小野不由美

商品詳細を見る


本日、図書館で借りてきた本はコレ。

「十二国記」で有名な小野不由美氏の本ですね。

すべて1~2ページほどの短編で構成されており、すべてどこかで聞いたような気がする怪談集。
百物語を模しているような形式の本でした。


~~本文より抜粋

「ぶらんこ」
Yさんの娘は、近頃ようやく単語をいくつか喋れるようになったところだ。お気に入りの玩具は「みふぃ」のぬいぐるみで、お気に入りの遊びは「ぶらんこ」。ぬいぐるみはYさん自身がお友達として買い与えたものだが、なぜブランコが好きなのかは、よく分からなかった。あまりに「ぶらんこ」と言うので、公園のブランコに抱きかかえて坐ってみた。ところがこれは「ぶらんこ」とは違うらしく、ブランコに乗っていながら、「ぶらんこ」と言ってむずがる。
「いったい何なんだろうなあ」
Yさん夫婦は首をひねっている。そもそも少し不思議なところのある子なのだ。
動物や子供には、大人の眼には見えないものが見える、という。何かの折にふっと視線を上げ、そしてしばらく食い入るように宙を見ている。楽しそうに笑い声を立てながら、宙を指差すこともある。
実を言うと、Yさんは今住んでいる部屋があまり好きになれなかったのだ。旦那さんの職場に近いうえ、家賃も安かったのでその部屋に決めたものの、マンション自体、どことなく暗くて気に入らなかった。部屋もなんだか空気が淀んだ感じがする。そんなに古い建物でもないし、どちらかというと垢抜けたスタイルの部屋なのに、なんとなく気の塞ぐ感じがするのだ。そればかりではない。時折、ふと理由もなくぞっとすることがある。夜中などに、妙な物音が耳につくこともある。それはさーっと何かが物を撫でるような音だ。
そんなある日のことだ。Yさんが洗い物をしていると、背後で娘が楽しそうな笑い声を上げた。機嫌良く遊んでいるなあ、と思いながら洗い物を終えると、娘が妙なものを提げていた。「みふぃ」の首に紐をかけて、それを振り回して笑っている。 何してるの、と声を荒げると、娘はきょとんとして、「ぶらんこ」と言った。
以来、Yさんは娘が宙を見つめていると、そこに異常なものがぶら下がっているような気がして、怖くて堪らない。




この、なんというかキモくて、オチの無い話が長々と99話続いていくので、ホラーが大好きな人にはやや物足りなく感じるかもしれません。
都市伝説とか新耳袋みたいな形式で、Kさんの話とかSさんの話で書かれており、昔自分もどこかで聞いたような学校の七不思議とか、病院が昔墓地だった話等など…が、「こういうことがあったんですよね」というような感じで完結(?)しており、結局なんだったのかとか全くわからないまま別の話に移行してしまうので、どんどんその淡々とした薄気味悪さが貯まってきて、それがじわじわと侵食してきますwwwww

現に、読み進めていっても「なんだかオチは無いし、短い話だから読みやすいけど、どっかで聞いた様なコックリさんネタとかだから、小野不由美にしてはちょっと不作だったかな…」というような感想しか無かったのですが、その割に夜中の2時ごろに、いい歳こいてトイレに行くのがためらわれましたwww(結局行きましたがww)
そういう、小学生の時に心霊写真集を見た後、トイレに行けなかったとか、鏡が見れなかったとかの得体の知れないものに対する恐れのようなものを思い出しましたwwww


99個の話が入っており、最後の100話目が、すでに出版化されている「残穢」になるらしいのですが、まだこの話は読んでませんwwwが、この99話とリンクしてるらしいので、今から読むのが楽しみです。







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。