新世紀エヴァンゲリオン 14巻


新世紀エヴァンゲリオン (14) (カドカワコミックス・エース)新世紀エヴァンゲリオン (14) (カドカワコミックス・エース)
(2014/11/26)
貞本 義行

商品詳細を見る


~あらすじ~
「人類補完計画」が遂行されていく中、人々はLCLの海の中に飲みこまれていく。シンジはレイと相対し、彼が下した決断とは――? 累計2500万部突破の大ヒットコミックス、堂々の完結!!(amazonより抜粋)


多分今更最初のあらすじからを求める人はいないと思われますので(つーか、このブログ自体見てる人1~2人ぐらいなんじゃないの?www)割愛させていただきますが、自分の居場所を作れない少年、主人公・シンジが自分の意とは裏腹に「エヴァ」に乗せられ戦って、その結果徐々に居場所を作っていくも、「人類補完計画」のために大事な人が死んでいく、または自分の手で殺さなくてはならないことに葛藤し、引きこもり、立ち直りを繰り返し大人になっていくというような話の内容に仕上がってるんじゃないですかね?貞本エヴァは。

エヴァの世界観のベースは旧約聖書の創世記の1章から、アダムとエヴァがエデンの園を追放されるあたりまでで、今回の最終巻でそれが色濃く出てます。
人類最初の女性であるリリス=レイが、願いをかなえるため選んだのはアダム(アダムを移植したゲンドウ)では無くリリンであるシンジで、彼の願いが再生か、永遠の眠りかですべては終わる。
まあベタですが、すべてを壊して眠りについちゃおうかな…からの~それでもヲレ頑張るよ的な。


14巻の展開を簡単にするとこんな感じです。

■人類補完計画発動

■人々がL.C.L化

■アスカも溶ける(目の前に現れたのは加持)

■ゲンドウ絶命

■シンジは人類補完計画発動の中で現実世界に留まる事を決心

■綾波に別れを告げる

■母&父に別れを告げる

ラストで、補完後の世界で、雪の降る町から高校受験の為に東京へ上京するシンジが、東京の駅でアスカと思われる少女と出会うも、二人ともお互いの記憶を持ち合わせていない模様。
そしてシンジは東京の街中を歩き出す。
鞄には十字架のペンダントが光る。
ループエンドな終わり方でしたが、旧アニメ作品のアレよりかは全然きれいな終わり方でしたねwwww
ある意味ちゃんと伏線を回収してますし。ただ、なんか、仮面ライダー龍騎かよ…みたいな終わり方wwwww
残念なのはカヲルとレイは復活してないようにも思えるのですが、いつかどこかで出会えるのかなというニュアンスは残ってましたし。
未だに、カヲルくんは新旧、コミックス、どれをとってもどうしても首チョンパの運命なのが解せないんだよな…
死ななくてもよくね?
って根強いカヲルファンみんなそう思ってると思うんですがねwwwwwww

劇場版のラストもこういうきれいな感じで終わることを祈っておりますよwwwwww


とりあえず今更ながらエヴァ聞いたことあるけど知らんという人用にyoutubeでわかりやすい(?)説明動画あったので、リンク貼り付けときますwwwww(ダイレクトに貼り付けようとしたらリクエスト無効で駄目だったwwww)

「エヴァンゲリオンがさらにわかる動画」
https://www.youtube.com/watch?v=TeoFnVoiQAs

この動画、シュールでヤバいwwwwww
うん、大体あってるwwww







スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。