東京喰種:re 1巻


東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2014/12/19)
石田 スイ

商品詳細を見る


~あらすじ~
群集に紛れ、ヒトの肉を喰らう。ヒトの形をしながら、ヒトとは異なる存在…“喰種(グール)”。
“喰種”を駆逐・研究する〔CCG〕は、あるひとつの命題を果たすため、実験体集団を新設。――その名は「クインクス」。
「まともな人間」ではない彼らと、佐々木琲世一等捜査官が“東京”で向き合うものとは――!?(amazonより抜粋)


前回の衝撃的な最終回からすぐに続編出てくれて嬉しいです。
いや~だって、前回カネキさん頭部やられて、多分有馬氏に解体されて、ピエロどもがカネキかわいそーと言いながら血でカンパーイしてるし、ホントこれで終わりはシャレにならん…

と、思ってたんですが、どうやらこの続編を見越しての最終回だったのかな?
最終巻14巻とこの1巻の冒頭部分の空の絵が続き絵になってますし、今回の主人公・佐々木琲世は前作では敵側だったCCG側の人間なんですよね。
が、彼は人でありながら喰種の能力を持つ「クインクス」。
そして、彼を先生とする4人のクインクス達との共同生活&2年たった喰種たちとの均衡状況が今回の内容でした。
まあ、この琲世くんがどうやらカネキのようなのですが、記憶が無く、前作でのカネキが常にリゼの亡霊に悩まされていたように、今回ではカネキが常に体を返せと言ってきます。
最後にカネキが望んだ「昔の心を取り戻した自分」である琲世が、そこで今後喰種として強くあらねばならなかったカネキの人格とどう向き合うか気になるところです。

最終巻では大量にCCGの捜査官をさらって第2、第3のカネキを作ろうとしてましたし、そうするとアレですね。
前作では「CCG」側と「喰種」側に敵味方の区別がついていて、人工喰種のカネキがグレーゾーンだったのに対して、「CCG」側に人工喰種を対抗馬、喰種側も大量に人間で人工喰種で対抗、と。全体的にグレーすぎて色々複雑になってきましたね。もしかしたら、前作で死んだ扱いだった亜門くんが喰種となって現れるかなと期待してるのですが、どうでしょうww

最後に喫茶店が出て来てトーカちゃんが出てきました!
いいですね!喫茶店での再会!トーカちゃんと四方さん(二人は親戚関係)、あんていくの意思を継いで喫茶店やってたんですね。多分琲世は覚えてないんでしょうが、ここらへんだけは思い出してあげてほしい…というか、たぶん話の途中で覚醒して思い出すんだろうなとは容易に想像出来るんですがねwwwww

そしてどうでもいい話ですが、変態月山氏も健在でしたwwwww
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。