アリスの棘


今期、個人的に面白くて毎回ちゃんと観てるドラマが「弱くても勝てます」と「アリスの棘」です

「弱くても勝てます」は、あとで後々語りたいなと思ってるのですがwww

感想的なものを語る前に、分からない人にもあらすじを…

「アリスの棘」  あらすじ

聖林大学付属病院に、クールな新人外科医がやってきた。
瞳に強い意志を感じさせるその女性の名は、水野明日美(上野樹里)。
そこで彼女が出会ったのは、正義感あふれる看護師・星野美羽(栗山千明)、こころ優しい研修医・磐台悠真(中村蒼)、患者本位の治療を第一に考える有馬毅教授(國村隼)…。患者に寄り添う彼らのようなスタッフがいる一方で、この大学病院にはある闇があった。それは、患者を出世や研究の道具としてしか見ない医師やスタッフたちとその体質。患者はマウスと言ってはばからない伊達理沙(藤原紀香)、患者より研究第一の千原淳一(田中直樹)…そんな彼らの上に、王者のように君臨しすべてを采配する磐台修一教授(岩城滉一)。
そんな彼らを冷静に、鋭く観察する明日美。彼女にはある秘密があった。
それは15年前、優しかった父親の小山内孝夫(眞島秀和)を手術中に亡くしていたこと。病院側は医療ミスでは無いと主張、しかしある日、明日美の元へ何者かによって父の手術看護記録が送られてきた。それは二枚あり、一枚は明らかに偽造されたものだった。そしてその病院こそが聖林大学付属病院だったのだ。
「父は医療ミスによって死んだのか…?」明日美は父の死に疑いを持ち、関わったすべての人間をあぶり出し、死の真相を明らかにするため、自ら医師となることを決めたのだった。
いよいよ聖林大学病院へと乗り込み、復讐の機会を虎視眈々と狙う明日美は、15年前に偽の手術看護記録を書いた当事者であり、今も患者に対して二枚舌を使い続けている不誠実な看護師長・蛭子雅人(六平直政)を最初のターゲットとして狙いを定める。父からプレゼントされた「不思議な国のアリス」になぞらえて、明日美は緻密に、冷徹に蛭子を追い詰めていく。それは、壮大な復讐計画のスタートだった。
その矢先、明日美に声をかけてきたのは、新聞記者の西門優介(オダギリジョー)。何かと明日美につきまとう西門に動揺する明日美…。
彼は敵なのか? 味方なのか?
そして手術看護記録を送ってきた人物は一体誰なのか?
父の死の真相は!?(公式ホームページより抜粋)



「アリスの棘」は、ジャンルとしては医療系ミステリー…な感じでしょうか?
医療系というと、どうも「チームバチスタ」とか、「ドクターX」などのやけに凄腕系の外科のドラマなんかが多くて、食傷気味だったのですが、こちらは手術内容を突き詰めるだけで、そんなにものすごい手術を専門的にしたりしないので、そういうのが苦手な人にも楽しめると思いますww(内容は楽しくはありませんが)

1話完結の復讐型(?)ドラマだと思っており、なんとなく「不思議の国のアリス」になぞらえた復讐のドラマという前宣伝に心惹かれて観始めたわけですが

これがまたクッソ面白かったのですわwww
実際最初のうちは1話完結型で、主人公の明日美である上野樹里は、父の手術に関わった人間を、アリスの中の登場人物になぞらえた復讐予告カードと、殺された父の本当の死因のカルテをターゲットに出し、殺しはしないけども、医師生命は完全に途絶えさせるという復讐劇で、その復讐方法がえげつないのでそこが小気味いいと言うかwww

伊達理沙役の藤原紀香なんかは、不正な手術を院内でばらされたあげく、薬で眠らされて腹に「T・OSANAI(明日美の父の名)」とか掘られてましたねwwwww

しかし、回を追うごとにどんどん父の死の真相が明らかになってきました
最初は医療ミスだと思っていたら、研修医の無茶な手術から、殺人目的の手術に疑惑が代わってきて、そして疑惑は確信へ…
そんな時、ドロドロドラマの唯一の希望(?)、磐台悠真役の中村蒼がまーさーかーのお亡くなりに…
みんなが忘れていた、というか復讐が完了したと思われた藤原紀香が包丁持って暴れて、樹里ちゃんをかばった蒼くんが死んでしまったわけです…
このドラマの中では一人だけ癒しな感じの彼が死んでしまったのはホントあーあーという感じでしたね…
それに引き続いて、蒼君の父役の岩城滉一も、死んでしまったのには驚きました。(死んだと言うより殺されたんですが)
私の洞察力が浅かったというのもあるでしょうけどwww
うーん、岩城滉一が黒幕で、最終対決するんかなと漠然と思ってたので、そしてその代わりに幅を利かせてきた有馬教授(國村隼)…
まさかの自分の娘の臓器提供のドナー探しに病院を利用しており、そこを上野樹里の父に知られてしまったことで殺人計画がたてられたと言う新たな仮説(確信に近い)が浮上してきました
そして、次回は、とんでもない殺人計画で娘の臓器を手に入れようとする教授を阻止するの巻ですが…阻止してほしいですね…小さい男の子が死ぬのを観るのは忍びないですからね…

話は変わりますが、個人的には栗原千明の役の看護婦が、上野樹里サイドで話を観てしまうとどうにもウザいですねwwwww
よくも悪くも普通の女の人って感じで、一人でいる人には声をかけて、いつの間にか友達ヅラでインナースペースに入ってきて、聞いてもいないのに好きな人などを言ってけん制したりする…
栗山千明ちゃんはかわいくて大好きなんですけどねwwwwwwwwww

しかし、それが逆に上野樹里演じる明日美の、ストーカー並みの執念深い鉄の女をひきたててるんだろうな…
「江」とか「のだめ」のイメージが強い彼女ですが、能面のような顔で復讐計画を立ててる樹里ちゃんもなかなかのなかなかですwwwwwww
でもこのドラマ観てると女って怖いわぁーwwwwwとか思っちゃいますねwwww



とにもかくにも、まだまだ目が離せないドラマです



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。