おでき先生EX

タイトルあんま意味なし…なようなあるようなwwwwww

実はこの話、何日か前にUPしたmixi内での日記(友人のみの公開)でしたが、まあ今の時期ブツブツに悩んでいるじゃろう人の指針(そんな大層なもんじゃないww)になればええのうということでww
EXというのはまあmixiに書いた日記にちょっとプラスした的な。(そのまんまや)

1、2ヶ月くらい前から胸というか、女子的にいえばデコルテ部分にブツブツが出来まして。
いつもの、体のどっかに、木の芽時にでるアレルギー的なものが今年は胸に出たかと思って、まあ放置してたんですが、なんかすげえ痒くなってきたため、これまたいつもの熱湯消毒的なものをやったら皮膚が爛れて火傷になったあげく、いつもだったら痒みが引いてるはずなのに全然というかどんどん増えはじめまして。
副腎皮質系のステロイドクリームもまったく効かず。
(注:熱湯消毒とは…マグカップに入れたおよそ95度のお茶のカップの表面を患部にジカ付けして、菌を焼き殺す的な原始的な方法。今回のように皮膚が爛れることしばしばなのでよい子は真似しないでね

ここで、天下の宝刀、ググりましたwwwww

どうも「マラセチア毛包炎」な線が濃厚…生まれて初めてこんなもんに引っかかった(?)YO!


マラセチアとは、もともと体にいる常在菌で、どこにでもいるカビの1種だそうな。
「マラセチア毛包炎」とは、マラセチア菌(癜風菌でんぷうきん)の異常繁殖によって、引き起こされる毛穴の炎症で、パッと見ニキビにしか見えないから、皮膚科行ってもニキビ用の薬しか処方されんとかいうこともあるようだorz
ニキビと思い治療していたが、「マラセチア毛包炎」だったっつーのは意外とよくあることらしい。

ニキビの原因はアクネ菌という細菌で、マラセチア毛包炎の原因となる菌は、マラセチアという真菌です。
真菌=カビ。
よくあることとはいえ、胸にカビが生えてんのかいとかなり釈然としないが、とりあえず何の薬が効果的なのか、治した人の話などもググりまくって、どうやら「ニゾラール」というイミダゾール系亢真菌薬か「ラミシール」という薬が、医者でも処方している薬のようだ。(つーかおとなしく医者行けよって話だが)
しかし薬局行ってもニゾラールなんかねえし。
とりあえず、ここでラミシールという水虫薬を購入。
どうやら民間療法的に、水虫もマラセチアも種類は違うが真菌で処方する薬も一緒なんだそうな。2ちゃんではどこまでアレかわからんが、あのブテナロックでマラセチアを治してみた輩もおるそうな…ホントかよwwwwwwww

ニゾラールは薬の通販のサイトで購入できたので1本試しに購入してみた。
つーかいいたかねーけど、日本の薬局の聞きたくないもんに限って薬剤師に聞かないと多分出してくれないシステムってホントやだよ…
ニゾラールなんか、「なんに使うんですか」とか聞いてこられたって、水虫かカンジタかマラセチア(全部カビ系)しかねーよ!!!!40のBBAにそんなもん聞いてなんの苦行だよ!つーかぜってえ聞かねー!!
そんなわけで(?)とりあえずニゾラールが来るまで、水虫薬のラミシールを塗ってみた。
ちなみにこの時背中にまでマラセチアかと思われるえらい痒い湿疹が出来て、仕事どころじゃなかったYO!!仕事したけども!!!
全身カビだらけか!!私!!!!

水虫薬なんで、強すぎて皮膚が爛れるとやばそうだと、その上から桃の花(ハンドクリーム)塗って就寝。
…おや?いい感じじゃね?と朝起きてそう思ったwwwwwww
どうも1週間は痒いのが続くらしいが、ちょっとよくなってきた?でも服にすれるとまた痒し。
とりあえず長いことほっといた感じなので1ヶ月これ塗って様子見てみようと思う。

つーか、こんなカビの繁殖するような女いやだわと思われるかもしれんが、5月~皮脂が出まくる時期、誰でもなる可能性はあるんだぞう!!!!!!
だからカビBBAとか言わないように。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。