負ける技術



  
負ける技術
負ける技術
posted with amazlet at 15.08.10
カレー沢 薫
講談社
売り上げランキング: 123,543


週刊モーニングで連載している「やわらかい。」の作者、カレー澤薫先生(先生と来た)のエッセイ(?)。
ちなみに「やわらかい。」は、主人公・起田総司が女に振られたせいでEDになってしまったことでなぜか女にモテモテに…というような内容の漫画。しかも最初のうちは初期EDだったはずが、話が進むうちに何をしてもまったく起たない真性のEDに…
ちなみにこんな話でありながらカレー澤先生は女だ。

ネガティブ具合が半端なく、しかしこの横柄さとフリーダム加減と下劣さはどうしたことだろう。
つーか、根本的な考え方が、個人的に自分と似すぎていて、失礼ながら他人のような気がしない。
内容的にはカレー澤先生の、周りの出来事で…つーか一人が好きすぎて特に書くことがないというようなスタンス&大体誰かを呪っていたり、そしてエロに対する姿勢などである。
個人的にエロの話のくだりで、フランス書院文庫をどれだけエロいのか確かめるべく購入し、適当に選んだものがまさかのやらずぼったくりだったという話は共感する。
彼女が購入した本の内容は、牛乳瓶並みにでかい一物少年が、きれいな姉さんとやることを夢見、そして夢見るだけで終わってしまうという、思わず本をたたきつけたくなる不完全燃焼な内容であったらしい。
ちなみに、私が読んだものは何冊かチョイスしたわりに、すべての話が3人の馬鹿な男が、一人の人妻をさらって監禁。やりまくった後、電気などで調教し、最後はケツだとアナル調教。
最後は奴隷ショーにだしてめでたしめでたし…
何冊も違う作者のものを購入したのにすべて同じ展開か!!!!!!と激しく憤ったのは記憶に新しい…
ほかにもエロだけでなく、意外と人のダークな内面についても言及していたり、深読みすれば深い一冊www

負ける技術というより、完全に勝つとか負けるとかを超越し、結局どうでもよさそうなことしか書いてない。本人大真面目で書いてるけど、多分書いた直後に忘れているというか、完全に男のオナニー状態の日記なんじゃなかろうか。(男のオナニー=出したら忘れる)

とりあえず、百聞は一見にしかずと思うので、お試し版を貼り付けておく。
おすすめするけど、1400円払ってとっておくものかは微妙だwwwwwww



負ける技術・お試し版
http://www.moae.jp/comic/makerugijutsu



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。