自然消滅


自然消滅ってなんなんすかね?

前々回の「思い出のマーニー」の日記にて、ほんのりと「裏切られてオイラ誰も信じられんのよ」というようなニュアンスの話をしたと思うんですが(そうか?)まあ、ぶっちゃけますと男と自然消滅したわけですよ。しかも2回も。

1回目に関すると、最初は桜が咲いてきれいだの、どうでもいいような内容のメールをガンガン送ってきて、こっちもそれに返して、つきあうようになって、したらいきなり1ヶ月も音信不通で、どうすんだと。忙しいのはわかるけど、どうすんだというようなメール送ったら逆ギレされて別れたと。ある意味自然消滅とはいかないが、多分私がこのまま言わなかったらいつまでもこの状態であったことは想像に難くない。

2回目はここ最近。
ほんとに最初のうちはこっちが投げたボールをキャッチしてくれて、まあご飯行ったり、遊びに行ったり、とんとん拍子にすすむものの、3ヶ月すぎるといきなりなめられてんのか、めんどくせーのか、うぜえのか、たりいのか、めんどくせーのか、本当にめんどくせーのか…メールしても返事が来ねえ。忙しいんだかなんだか、最初は忙しいのね、しょうがないよねと。が、それがいつまでも続くと、誰だって不安になるわ。こっちは妙齢の女であり、タイムリミットもある。
まあ、それを男に押し付けるわけにもいかねえと、黙っていたし、そこまで不安をあおるようなこともメールではしなかった。
が、メールして返事来ねえんじゃ話になんねえ。
メシ食うぐらいもどうなんだと。(こんな聞き方はしていないww)そして悲しみの既読スルー…
つーかさ、ここ2ヶ月ほどで、「私が悪かったのか」とか、あんまり心のアレが酷い時は「この瞬間消えていなくなってしまいたい」とか、ぶっちゃけここまで悩ませるあの野郎死んじまえとかwww結構な痛々しさ加減だったわけですよ。
自分では、サバサバしてて、そこまで男を追いかけるようなタイプではないと思っていたのだが、もしかすると、気がつかないうちに男に依存していたのだろうか?
結局のところ、相手が相手にしてくれない以上、自分で答えを出すしかない。
自然消滅というのは、悲しい終わり方であり、終わったことすらはっきりしない。白黒はっきりつけて前に進みたい人間にとってこれほど曖昧で後味の悪い行為は本当に気持ちが悪い。
いってみれば答えのない答え合わせをしているようなものなのだ。

でも、やっぱり時間が解決するというのはあながち間違いじゃない。
ここまで悩んだ時間も、いずれは笑えるようになるんだろうとか、今解決出来ないものは、頭から追い出すというか、思い出さないようにしたり、とりあえず時間を有効に使おうと。
悩んでいても、楽しんでいても同じ時間。それなら楽しく過ごしたほうがいい。

結局のところ、自分で見切りをつけて前に進むことを選んだし、多分野郎も二度とメールなど送ってはよこさないだろう。
自然消滅なんてものは、忙しいとかは言い訳でしかないわけですよ、結局のところはね。
女の優先順位が低くなって、もう存在自体どうでもいいからメールすらたりいんだろうが。
その辺自分が悪者になりたくねえから言いたくねえんだろ。そんなチキン野郎なんざこっちからお断りだ!クソ野郎!


私のことがすきじゃない男なんか、私だって好きじゃない。

まあそういうことですね。

とりあえず自然消滅で悩んでる人が、ググると結構いるもんで、まあお仲間よ、元気を出してくださいと。
何ヶ月もメールよこさない男なんか、しょせんろくでもないよ。


↓今の私にぴったり(?)ソング。
椎名林檎 「長く短い祭」


この曲中で、浴槽でぐるぐる巻きにした男を自分でもてあそんだ挙句、男を踏みつけにしているシーンがあるんだけど、個人的感想で、私も気持ち的にこうでありたいと思う。毒がないと女はつまらないよね。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。